不動産の専門用語

いま住んでいる仙台市をよく知るうえでも、宮城の一戸建て住宅物件で相場や、間取り、エリア情報などをチェックしています。

知り合いの人が、子供の小学校入学にあわせて、学校に近く環境のよい物件を探した時は、学校に近いという条件で検索したそうです。

私が閲覧している宮城の一戸建て住宅物件は、特に条件などを入れずに検索しているので、かなりの数の物件が表示されます。

ただ、何も条件を入れずに検索すると、路線の駅から探すのか、エリアから探すのか、などのように希望を聞いてくるサイトもあります。

それもなくとなくクリックして先に進んでいるという方法です。

中古住宅、新築住宅、賃貸住宅などいろいろあります。

間取り図や外観、室内の写真も見ることができるので、とても参考になりますね。

先日、とても素敵な一戸建て住宅物件を見つけました。

東北本線「仙台」駅までバスで15分程度の向山にある新築一戸建て住宅です。

オール電化でエコキュート採用、省エネ給湯器などがあるなど、かなりエコを意識した構造になっています。

南向きで南向きのバルコニーがあり、とても開放的です。

バリアフリーで、トイレも2ヶ所あります。

これなら2世代同居も可能ですね。

その物件の特徴に、陸屋根付きというものがありました。

陸屋根って何だろう?と思い調べてみたら、傾きがない平らな屋根のことなんだそうです。

陸屋根と書いて「ろくやね」とも読むらしいですね。

不動産に関するこのような専門的な言葉の知識も増えてきました。

子供にとってよりよい環境

料理教室で通っている人で、宮城の一戸建て住宅物件を探している人がいます。

宮城の一戸建て住宅物件を探すといっても、特に何も条件を指定しないと、膨大な数の物件が出てくるそうです。

彼女の場合は、子供の学校が近く安全で子供が暮らしやすい、という条件があったので、数ある物件の中から効率よく仙台市の太白区で中古一戸建てを探すことができたそうです。

賃貸物件で探す場合、仙台市内ではマンションも多く、魅力的な物件が多数あったそうです。

ただ、彼女自身がガーデニング、家庭菜園をしたいということ、子供とキャッチボールやバスケットボールなどの練習用として、ある程度の庭がほしい、ということから一戸建てを選んだそうです。

まだ子供が小さいので、平屋でも問題ないのかな、と考えているようです。

仙台市太白区にいくつか候補の物件があり、いい物件があるのだそうです。

保育園や小学校も近く、太白小学校まで徒歩3分という立地は、とても気に入っているのだそうです。

地下鉄南北線の長町南駅からバスで20分程度、バス停からも徒歩3分で、太白公園、銀行、郵便局、SEIYUもあり、とても住みよい環境なのだそうです。

子供にとって住みよい環境というのは、とても大切ですね。

彼女の話をきいていると、とても参考になります。

仙台に来てから3年たちますが、まだまだ地理的にはわからないことがあります。

いつも行動する範囲というのは決まっているので、市内であってもすべてを把握するというのはなかなか難しいですからね。