陸屋根について

先日、宮城の一戸建て住宅物件を探していたら陸屋根付きというものがありました。

普通屋根というのは、傾斜のない平らな屋根のことで、商業施設なでのビルでよく用いられているそうです。

ただ近年では、一般住宅でも陸屋根が一般的になってきているのだそうです。

その大きなメリットは屋上スペースとして有効活用できる、という点だそうです。

たとえば、庭のスペースがあまりないという一戸建て住宅で、陸屋根に屋上スペースを設けることによりガーデニングや家庭菜園ができるというメリットがあります。

屋上なので日当たりもよく作物にとってもよい環境だということでしょう。

また、洗濯物を干したりBBQを楽しんだり、日焼け、子供の遊び場などいろいろと活用できますね。

最近では、太陽光パネルを屋上に設置して太陽光発電を行う場合にも活用できるというのです。

よく斜面の屋根に太陽光パネルが設置されている家をよく見かけますが、斜めの辞めに設置する場合は、専用の架台が必要になるのだそうです。

宮城の一戸建て住宅物件を見ていると、物件の詳細や特徴を説明している内容を見ていると、住宅も時代によって進化しているな、ということを実感します。

断熱材や通気性のよい壁材などもどんどん新しいものが開発されたりしていますね。

宮城の一戸建て住宅物件をみていると、IHクッキングヒーター、浴室換気乾燥暖房機付き、浄水器付き、食洗機など、快適な暮らしができるような言葉が出てきます。